スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブルコーディネート№2 美味しく食べることを考えよう

 22, 2016 19:07
環境を整えましょう。

テーブルコーディネートの範囲には、

食事をより美味しく感じてもらうために、

卓上のまわりの食空間を整えることも入ります。

stockfoto_45083306_XS (1)

実は、食事を美味しくいただくためには沢山の事を考えなくてはなりません。

例えば、コンセプト、お料理・食卓のすべて、部屋のインテリア、窓の外の風景、音響、季節、光や風の流れ、気温湿度、時間帯と光、場面展開動線などなど・・・

でも一度には無理ですよね。

まずは、食卓空間を整理し、片付け、ダイニングテーブルの上には、

食事の時以外は、物やお菓子などがのっていないようにしましょう。

食事中は、楽しく美味しくいただくために会話を楽しみたいもの、

テレビのつけっぱなしの食事も避けたいですね。



皆さんのご自宅ではいかがですか?

食卓の上は片付いていますか?

お食事の時にテレビはつけていますか?

食卓を囲み、お話をされていますか?



食卓は、お互いの事を知るための絶好の場です。

特に子供達にとっては、コミュニケーション能力を高める場でもあります。

食事中に交わされるなにげない会話から

相手を知るというコミュニケーション力が育ち、食事をきちんといただくというマナーが身に付きます。

いつものダイニングが、食文化やコミュニケ‐ション能力を自然と学べる場となるように、心掛けたいですね。

食事をする空間が散らかっていたら、まずは食卓の上の片付けからはじめてみましょう。


ライフクリエイター 土田彩華

*インテリア産業協会「やってみようインテリア」へ掲載した記事より
 http://www.interior.or.jp/daisuki/oshiete/try/dining/dining03.html
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。