スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lesson Vol.2 

 03, 2016 02:25
4月から新年度。

実技レッスンでは、初めに洋の基本となるフルセットのセッティングからスタートします。

テーブルコーディネートを始める前に、

基本となる食器類・カトラリー類(ナイフ・フォーク)の置き方、

クロスやナプキンの基礎知識を学んでいただき、

そこからコーディネートレッスンへと進みます。

皆さんご自身でフルコースのセッティングをされるのは初めて。

少し緊張気味で、でも楽しそうにセッティングを始められます。


まずはクラシックスタイルをセッティングしていただきました。

     P1030751-2.jpg

     P1030756-2.jpg
     (東京校 日本橋 ドマーニショールーム内)

      CIMG1930-2.jpg


カラーは、重厚で落ち着いたトーンです。グラスや食器類は直線的に並びます。

レッスンではテーブルクロスを掛けましたが、

イギリスでは高級なテーブルを見せるため

クロスを掛けない場合もあります。

その場合は、天板を保護するためにレースのランチョンマットや、

お皿の下に銀とコルクで出来た丸いマットを敷きます。



次はエレガントスタイルのセッティングです。

     DSC_0420-4.jpg

     DSC_0432-3.jpg

     CIMG1936-3.jpg


カラーは明るくグレイッシュで女性的になります。

こちらはフルクロスをテーブルに掛けます。

清潔なリネン素材のクロスを掛け、パン皿は置かず、

直接クロスの上にパンを置く場合もあります。

グラスやカトラリーは上下や斜めに動きある置き方をします。

全体に優雅で女性的、美しい流れを感じるセッティングです。

フォークの裏に紋章がある場合などは、伏せて置かれています。

現在はインターナショナルスタイルとし、両方が混ざったセッティングになっています。

お皿が重なっているのは、レストランではお料理の度にお皿を交換するサービスがされますが、

ご家庭の場合はホステスはあまり席を立たずおもてなしをしますので、

出されるお料理のお皿を重ねた状態で、セッティングしています。


最後に、カラーナプキンでイメージが変わるのを実感していただきました。

DSC_0052-2.jpgDSC_0059-2.jpg
DSC_0063-2.jpgDSC_0074-2.jpg

同じお皿でも、ナプキン、お花、カードの色を変えるだけで、バリエーションが広がります。

ぜひ、ご家庭でも季節やテーマにより色を変えてみて下さい。

まずは小さなものからのチャレンジ。とても気持ちが豊かになり、楽しいですよ。

ライフクリエイター:土田彩華





スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。