スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の歳時記 Vol.4 「 京の7月 ~祇園祭り~ 」

 26, 2016 16:49
7月となり、京都では祇園祭りが始まりました。

祇園祭りは鉾巡行がとても有名で、巡行が終わるとお祭りも終わりと思われていますが、

実は7月末まで、一ヶ月間に及ぶお祭りなのです。ご存知でしたでしょうか?
gionnte-buru


祇園祭りで行われる、有名な山鉾巡行は実はメインイベントではありません。

本来、八坂神社の祭礼は、神輿の渡御がメインイベントであり、山鉾巡行ではないのです。

山鉾は町衆の雅な伝統文化であり、

だからこそ、あそこまで絢爛豪華となる事が出来たのです。

重要文化財級の装飾品の数々は、町衆の美意識・経済力の凄さを物語っています。
hokofune


kankoboko
さて、もともと山鉾巡行は、神輿の渡御に先駆けて、道程を清め祓うための巡行でした。

17日の鉾巡行が終わり、いよいよ夕方5時から八坂神社のご神体を乗せた三基の神輿が、

南楼門を出発し、それぞれの氏子の区内を回ります。

そして四条寺町の御旅所に到着し、一週間鎮座されるのです。

24日の還幸祭には、花傘巡行が行われ、再びご神体は神輿に乗られ氏子区域を巡行されます。

一旦、三条御供社に集まられ祭事が行われます。

その後、八坂神社へお帰りになられるのです。

7月29日には、祭りの終了を報告する神事済奉告祭が行われ、

31日に行われる、疫神社夏越祭をもち、祇園祭りのすべての行事が終わります。



京都は6月に入ると各町屋で、前回ご紹介しましたように大掃除をし、

建具の入れ替えが行われます。

畳の上のには、籐筵(とうむしろ)が敷かれ、足の裏がひんやりとしとても気持ちが良いです。

襖や障子は葦戸となり、透けて見える水うちされた坪庭の美しいこと。

葦の隙間を抜ける日差しや、風に、心洗われるようです。

私は、この頃の京都がとても好きです。

7月に入ると、何とも優雅で涼しげな祇園ばやしが聞こえてきます。

各町屋では、美しく飾られたお座敷が道側の格子から見えることもあり、

その空間と装飾品の、凛とした気品あるしつらいはとても美しく、日本人である事が誇らしく思えます。

山鉾巡行前の装飾品を鑑賞しながら、町屋をめぐるのも、とてもおすすめです。
matiya
tanakaya


雅であり、格式と伝統ある祇園祭りには、ご紹介したいことがたくさんあり一度には

書ききれません。


まだ、祇園祭をご覧になられていない方、

観光局のまわし者の様ですが、本当に素敵ですので、ぜひ京都へお越しいただき、

実際に体感してみて下さい。
hatobue

ライフクリエイター : 土田 彩華
スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。