Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年もはや半年が終わろうとしていますね。

今回は6月30日に各地の神社で行われる「夏越の祓え」をご紹介いたします。

夏越の祓とは、半年分の穢れを払う行事であり、

神社で「茅の輪くぐり」をしたり、体の穢れを紙の人形に移し水に流す行事が行われます。

        ソフト


「茅の輪くぐり」の茅(ちがや)は成長力が強く香り高い植物で、

生命力を促し、穢れを祓う力があるとされています。

この茅で大きな輪が作られ境内に置かれるのです。

さて、この輪のくぐり方には作法があります。

まずは輪をくぐり左に回り正面に、今後はくぐってから右に回り正面に、

再びくぐり左に回り正面に戻りくぐりぬけ、参拝します。

くぐる際には「水無月の夏越の祓する人は、ちとせの命延ぶというなり」と声をかけます。

ぜひ、皆様もお近くの神社へ半年の穢れを払いに参拝に行かれてみてはいかがでしょうか?


もう一つ、この日には「水無月」というお菓子をいただく習慣があります。

この「水無月」は、氷室の氷をまねています。

氷室とは、冬場にできた天然の氷を溶けないように保管する場所です。

そこに保管されていた氷を夏を無事に乗り切るためにいただくのですが、

昔は権力者のみが食することができた貴重な食べ物でした。

もちろん庶民にとっては夏の氷などは高価で食べられるものではありません。

そこで、宮中の貴族にならって氷をかたどった菓子が作らるようになりました。

三角の形は氷室の氷片を表し、ういろの上に小豆をのせ固めています。

小豆も一緒に頂くのは、魔を祓う力があるとされているからです。


こちらの写真は、京都菓子司「末富」の水無月の菓子で、ういろではなく上質な葛と小豆で作られていました。

        IMG_4211.jpg
      京都ハイアットリージェンシーにてパーティーを開催した際の写真



そして、7月いよいよ関西では京都の雅な祇園祭が始まります。日本三大祭りの1つですね。

私達は、コンチキチンの涼やかな祇園ばやしを聞くと、いよいよ夏本番という気持ちになるのです。

次回は祇園祭りをご紹介したいと思います。

ライフクリエイター 土田彩華
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。