Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんはイースターをご存知でしょうか?
聞かれた事はあっても、内容はご存知ない方が多いかと思います。

stockfoto_29217323_XS.jpg

実はイースターはキリスト教の一番大切な行事と言われ、
信仰の核となるような重要なお祭りなのです。

イエスキリストは十字架にかかって亡くなりましたが、3日後に甦ります。
その奇跡の『復活』をお祝いするものであり、
キリスト教の発祥とほぼ同時期に始まったと言われているほど古く歴史ある行事なのです。

stockfoto_38014338_XS.jpg


ですが、日本では知名度はあまり高くありませんよね。
どちらかというと、私達には、イースター(復活祭)の40日前から始まる四旬節に
先だち行われるカーニバル(謝肉祭)、例えば、リオのカーニバルや
仮面舞踏会のヴェネチアのカーニバルの方が、
春の祝祭とし有名です。


さて、イースターは多くの女子が好きそうな、パステルカラーでとても可愛い春のお祭なのですが、
なぜ日本では定着してこなかったのでしょうか。

私が思うには、たぶん移動祝日だからと思います。

イースターは「春分の後の、最初の満月の後に来る、最初の日曜日」と定められています。
ですので、年によっては1カ月の差が出ることがあります。
覚えにくいですよね。

ちなみに今年のイースターは3月27日(日)です。

stockfoto_61918056_XS.jpg

さて、イースターには、イースターエッグとイースター・バニーがテーマキャラクターとされています。

卵は、生命の再生を象徴するとされており、
殻を破りヒヨコが誕生する様子が、イエスの復活に繋げられました。
イースターエッグは、美しく彩色され、贈り物として交換されたり、
子どもたちの遊びにも、もちいられます。

またうさぎは、多産であることから豊穣を約束するシンボルであり、
卵を運んでくる存在といわれています。

stockfoto_83380296_XS.jpg

今年はぜひ春の花と一緒に、パステルカラーの卵やうさぎを飾り、
イースターを祝ってみてはいかがでしょうか。

ライフクリエイター:土田彩華
スポンサーサイト
今日は3月3日桃の節句、雛祭りですね。

庭の桃はまだまだ堅いつぼみです。

やはり旧暦の方がお雛祭りにはいいように思います。

ちなみに我が家では旧暦でお雛祭りを祝いますが、皆様は新暦・旧暦どちらでしょうか?


さて、今回はテーマカラーを変えるとイメージが変わるという例を、受講生の方のコーディネートでご紹介致します。


パステルカラーのコーディネートです。

基礎コースのT様が、初めて作った作品です。


1jpg
とても優しい春らしい色彩で素敵です。
DSC_0681-1.jpg
お料理が引き立ちますね。


次は対照的な黒と赤を使用したプロフェッショナルコースのO様の作品。

4.jpg
お茶を楽しむコーディネートです。
3jpg.jpg
黒と赤を使うととてもモダンなイメージになります。

同じ雛祭りのコーディネートでも色により随分とイメージが変わりますので、ぜひ皆さんも色々な色で楽しんでみて下さい。

ライフクリエイター : 土田 彩華

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。