Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすぐ雛祭りです。

「桃の節句」や「女の子のお祭り」としお祝いをする日ですが、

現在の新暦での3月3日はまだまだ寒い頃で、

桃の花も、菜の花も咲いていません。野遊びや磯遊びなどは寒過ぎて無理ですね。

本来は旧暦の3月(新暦の4月)

桃、菜の花、桜など春の花が一斉に咲き誇る暖かな頃になって行われていました。

DSC_0226-2.jpg

古くからこのような季節の変わり目を「節日」と呼び、

季節の変わり目ごとに、水辺で体を清め、穢れを流してきました。

雛祭にも「流し雛」という紙雛を桟俵に乗せ川に流す行事がありますが、

これは川辺で穢れをうつした形代(かたしろ)を川に流す風習から来たものです。

流し雛1
桟俵

また子供の無事な成長を願い、赤ちゃんの枕元に天児(あまがつ)や這子(ほうこ)という人形を置き、穢れや災厄を祓う身代わりとする風習もありました。
amagatu.jpg
天児
ホウコ
這子

平安時代の貴族の女子のままごと遊びをひいな遊びと呼びましたが、この遊びと形代信仰が結びき、雛人形の原型ができたと言われています。

一対の雛人形とし、現代のスタイルになったのは江戸時代のことです。


では、お内裏様の男雛・女雛の飾り位置は左右どちらに置くのが正しいでしょうか?

日本では昔より左が上位でしたので、御所における天子の玉座の位置は左側です。

ですので、雄雛は左側。

明治になると、日本に西洋の右上位の文化が入ってきました。

大正天皇が、この西洋スタイルに倣って、皇后陛下の右側に立たれました。

また昭和天皇も右側に立たれ、その際に撮影された写真を多くの国民が見ることになりました。

その後、東京の人形問屋で雄雛の立ち位置を変え、雛人形を売り出します。

それが、全国の商店・デパートなどで売りに出され右上位の飾り方が広がったという説もあります。

ですので、どちらに飾られても間違いではないのです。

我が家では、左上位で雄雛が雌雛の左側に。私達から見て右側に飾ります。

さて、皆さんはどのように飾られてらっしゃいますでしょうか?

信州田中家のお雛様
豪商信州田中本家の雛人形 素敵なのでご紹介。


ライフクリエイター:土田彩華


スポンサーサイト
節分祭が近づいてきましたね。

今年は「たねや」さんの「富久豆」(ふくまめ)を購入しました。

「富久豆」には、砂糖がけしたいり豆と、お多福さんのお面が入っています。

『白い面に紅をひき、微笑みもやさしいお多福さんは、

古くは阿亀(おかめ)とも呼ばれていた働き者にちなむお面であり、

その微笑みが福を呼ぶとし、節分には鬼の面と対になる縁起物にもなっています。』

との説明書き。

福がきますようにと、赤の折敷にヒイラギと大豆と共に飾ってみました。とても可愛らしいお面です。

otafuku taneya


節分については、昨年コラムに書きましたので、( 「Let's cook Vol.6 節分」をご覧ください。)

今回は、節分祭と同じ頃に行われる「初午祭」(はつうまさい)についてご紹介いたします。

初午祭とは、2月最初の午の日に、京都・伏見稲荷を御本社にあおぐ、全国のお稲荷様のお祭りの日です。

大神が降臨された事にちなむ大祭で、「福参り」、「初午詣で」とも呼ばれ、とても賑わいます。

また、節分祭とも併せて行われていることもある祭ごとです。



では、「午の日」というのは何かご存知でしょうか?

「午」は十二支の午のことです。

十二支は、「巳の年」というように年を表しますし、その他に方角、日、時間を表すのに用いられます。

日に関しては、12日ごとに1年間をまわりますので、毎年初午は日にちが変わり、今年は2月9日です。

人々は初午の日に、初午詣(はつうまもうで)を行い、農家は五穀豊穣、商家は商売繁盛、

その他は子孫繁栄、長寿、家内安全、などあらゆる祈願をします。



本来、2月は旧暦のお正月にあたります。2月の立春からが新年です。

毎年初午の日にちがかわりますので、立春の前ですと年末となり、後ですと年始の行事となるそうです。

ちなみに節分は、立春の前日に行いますので、大晦日の行事でした。

京都では、年越しそばではなく、塩いわしをいただいていたそうです。



最後に、2月初めにいただく歳時記のお料理で簡単な物をご紹介いたします。

①畑菜の辛子和え (水菜でもいいです)

畑菜をさっと塩ゆでし、冷水に取り、巻きすで水気を絞ります。3センチの長さに切り

だし大さじ1、淡口醤油小さじ1~1・1/2(お好み)、練り辛子小さじ1で合えます。

(辛子を入れるのは、お稲荷さんの「キツネにだまされないように」だそうです)

②いわしの梅干煮

いわし(8尾)は頭と内臓をとり、水洗いし、キッチンペーパーで水気をふきとります。

いわしが重ならないように左を頭にし鍋に並べ、しょうが薄切り5g、酒50ml、米酢小さじ1、に

いわしがひたひたにかぶる程度に水を足し、中火にかけます。

アクを取った後に、弱火で5分。梅干し1個、みりん小さじ2、砂糖大さじ1・1/2を加え10分。

しょうゆ小さじ1を加え10分。 梅干しにより塩分が違うため、最後に味見をし塩気を調整します。

(強火でぐらぐらしない事。最後までお箸などで触らない事、皮がめくれてしまいますのでご注意下さい)
iwasi umebosi


③炒り大豆の茶御飯

節分に販売されている炒り大豆1/4カップ、洗い米2合、ほうじ茶380ml、塩小さじ1で炊きます。

ほうじ茶は大豆に水分を取られるため、通常の水かげんよりも1割多めにします。

とてもあっさりとし美味しいメニューですので、ぜひ、召しあがってみて下さい。

もう一品欲しい方は、この時期とても美味しい蕪で、かぶら蒸しがおすすめですよ。
azukigohan



※近江八幡の和菓子屋「たねや」 今、とても注目されている和菓子屋です。
詳しくはこちらをご覧ください。http://taneya.jp/group/company/ceo.html
※伏見稲荷大社 http://inari.jp/

ライフクリエイター:土田彩華
皆様、よき新年をお迎えの事とお慶び申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。



さて、初詣も多くの方がすまされたことと思いますが、皆さん「おみくじ」を引かれましたでしょうか?

境内の木の枝や縄に、数多くの「おみくじ」が結わえてあるのを見かけますが、

この習慣は近年になってからのものです。

本来はおみくじは護符でもありますので、「吉」以上が出た場合は、

お財布などに入れ身近に持つか、神棚に納めるかし1年間お守りにするものです。

ですので、枝に結ぶのは「凶」が出た時です。この場合は利き手と反対の逆手のみで結びます。

なかなか結びにくいという事が「行」となり、行をもって身を祓うのです。

その後もう一度「おみくじ」を引きます。

皆さんの「おみくじ」はいかがでしたでしょうか?

私は、大吉がでましたので、神棚に納めました。なかなか好調な新年の始まりです。

omikuzi


そろそろ、お正月気分も抜けてきた頃かと思いますが、

15日の「小正月」までが「松の内」であり、お正月飾りを飾り祝う期間です。(京都を中心に)

まず7日までが「大正月」と言われており、地方によってはここでお飾りを外すこともあります。

7日には皆さんご存知のように、「七種粥」(ななくさがゆ)をいただきます。

七種はご存知ですか?

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ(かぶ)、スズシロ(だいこん)です。

これら春の七種は邪気を払い、万病を除く占いとして食べます。

また御節料理で疲れた胃を休め、不足しがちなビタミンや栄養素を補うという効能もあります。



昔から年初に雪の間から芽を出した草を摘む「若菜摘み」という風習が日本にありました。

中国では「人日」の1月7日に、「七種菜羹」という7種類の野菜を入れた羹(あつもの)、

とろみのある汁物を食べて無病を祈る習慣があり、この2つの文化が融合しこの七種粥を

いただく習慣が定着したようです。

nanakusa


京都では20日ですが、11日に「鏡開き」をする地域が多いようです。

お正月に神様に供えた鏡餅を下げいただく風習です。

固くなった鏡餅は刃物で切らずに、木槌でたたき割ります。



15日の松の内最後の日には、注連縄(しめなわ)や門松を外して燃やし、小豆粥をいただきます。

燃やすのは、お正月に祖霊を迎えた依代(よりしろ)を燃やし、その霊を送りかえす儀式です。

京都では「左義長」(さぎちょう)と言いますが、一般的には「どんど焼き」でしょうか。



では、簡単な小豆粥の作り方をご紹介します。

4人分で、お米カップ1/2 ・ 小豆大さじ4 ・ 塩小さじ1/2 を用意します。

小豆は水戻しが必要ない手軽な豆です。

①小豆と水2.5カップを入れ、中火にかけ沸騰してから10分ほどゆで、

ゆで汁は捨てます。渋切りです。

②次に水3カップを加え弱火で40~50分ゆでます。食べてみて生っぽさがなくなればOK.

こちらのゆで汁は捨てないで下さい。

小豆は炊く時には水をたっぷり入れます。

少ないと表面がしわになり、あくまみれになりますので注意です。

③別の鍋に、洗い米と、小豆のゆで汁に水を足し5カップにしたものを加えて40~50分炊きます。

④小豆を加えて5分ほど炊き、塩を加えて出来上がりです。

焼餅をいれてもいいでしょう。

azukigayu


小豆は、五穀の1つ。大豆よりも小さいことから小さい豆と書き「あずき」と読みます。

赤色は、古くから魔を祓う色、高貴な色とされ信仰されてきました。

小豆のつややかで美しい赤色は、ハレの縁起食には欠かせないものです。

ぜひ、みなさんもお正月最後の松の内に小豆粥をいただき、邪気 を祓い、疫病を避け

一年を健やかにお過ごし下さい。

ライフクリエイター : 土田 彩華
日中は、まだ暑さの名残りを感じますが、随分と涼しくなりました。

数日前までは、空の高さや虫の声に秋の気配を感じいていましたが、

秋分を過ぎ、確実に太陽の光に季節の変化を感じとれるようになりました。

早まる夕暮れに、不思議に心が安らかになり、秋の夜長を楽しみたい気持ちになります。
urokogumo


秋の半ばを意味する「仲秋」は、旧暦の八月のことで、

現在の新暦(太陽暦)では九月頃を指します。

旧暦と新暦、よく聞かれると思いますが、どう違うのかご存知でしょうか?

旧暦は、月の満ち欠けを中心とした暦で、新月を一日とし、次の新月までを一カ月としています。

月の満ち欠けが1カ月ですので、十五夜が満月となります。

ただしこの方法だと、一年が短くなり、実際の季節との間にずれが生じますので、

「うるう月」を3年に1度つくり、調整をしていました。

ですので、新暦では15日の夜が必ず満月になるという訳ではありません。

ちなみに今年の「仲秋の名月」は、9月30日になります。
tuki


透明感きわだつ秋の夜空に凛と浮かぶ「仲秋の名月」は、昔から人々に愛でられてきました。

いにしえの中国では、天人が月から降りてくるとされ、果物や秋草を供える風習があり、

平安時代にその風習が日本に伝わりました。

お月見のお供えは、お団子とその頃収穫されるえだ豆や里芋、そして秋草です。

白く丸いお団子は月を象徴しています。

京都方面では、月を象徴する白いお団子を里芋の形にし、雲に見立てた餡をまいた形が一般的です。

この時期に、稲の収穫が行われる沖縄や九州地方では、

「名月祭」を、収穫を祝う「豊年祭」とし祝う地域もあり、

採れたばかりの稲穂も供えられるそうです。
24_9_3_3.jpg


月の満ち欠けに、古来より人々は生と死を重ね、月の光に永遠とよみがえりの力を感じてきました。

中国ではウサギが杵で付く物は、不老不死の霊薬とも伝わっています。

日本古来の「竹取物語」も、仲秋の名月に天人とともに帰る、清らかに美しく光輝く姫のお話しです。

幻想的な、秋の夜の満月に魅せられ、各地に多くの伝説が伝わっています。



古来より、いろいなイマジネーションを与えてきた仲秋の名月、

今年は、月の光に思いを馳せ、ゆっくりと見上げてみませんか?

きっと素敵な時間をすごせますよ。
wasitu

ライフクリエイター : 土田 彩華
暑さが極まる時期、一年で最も暑さきびしき頃「大暑」ですね。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

暦では8月7日には「立秋」となりますが、まだまだ暑さが続きます。

この立秋以降の暑さを「残暑」と言います。

秋とは名ばかりと思われるかもしれませんが、

日が暮れるのが早くなってきたと実感されたり、

蝉の鳴き声が変わってきているのに気がついたり、

空や雲の高さの変化に、着実に秋が近づいてきていることを感じられるようになります。
kawa


さて、8月に入ると

関西ではお盆が始まります。

関東では7月に行われるのも多く、これは新暦にしたがって行われています。

今回は、京都での盂蘭盆会を紹介します。

京都では、祖霊を東山の珍皇寺や船岡山山麓の千本閻魔堂にお迎えに行く京都独特の

習俗があります。
hasu


平安時代、平安京の中に墓地は作れませんでした。

そのため平安京の外、周囲の野に埋葬されました。鳥辺野、化野、蓮台野が有名です。

身分の低いものは、風葬であった事も多かったようです。

祖先を野に送り、霊は山へ行くと考えられ、盂蘭盆会が近づくと、野まで祖霊を迎えに

行きました。

さて、鳥辺野には、珍皇寺があります。

珍皇寺は「葬地鳥辺野」に接し、門前は冥界への通路である六道の辻としたことで、

通称「六道さん」とも呼ばれています。

松原通に面した六道珍皇寺周辺では、8月7日から、露店が立ち、多くの人が訪れます。

寺院では、人の風葬による遺体が骨になるまでをおそろしく描いた絵や、

伝来する「六道絵」と呼ばれる地獄絵や仏画が開帳されており、人々に死という事がらを、

再認識させる機会となっています。

昔の人々は、闇に恐れ慄き良き行いをし、ご先祖様や仏様に菩提を願いました。

菩提とは、煩悩を断ち切り悟りの境地に達する事。また死後の冥福を願う事です。
tera


鐘を三回つき、祖霊に「どうぞお帰り下さい」と呼びかけます。

そして、墓掃除などをし、ご先祖様をお迎えする準備をします。

13日からは、お帰りになったご先祖様にお供え物をし、おもてなしをします。

古い家では、朝夕の御膳のメニューも決まっていたそうです。

こうしてこの世で過ごされた祖霊を、送りだすのが16日の「大文字の送り火」です。

五山の送り火に手を合わせて、冥福を祈るのです。




さて、この五山の火の意味をご存知でしょうか?

北山の「妙法」、妙法とは南無妙法蓮華経のお題目の字です。

左右大文字山の「大文字」はなぜ大の字なのか由来は色々な説があります。

陰陽道の魔除けの五芒星からだとか、弘法大使が人体になぞらえて大の字形に護摩壇を

作ったからなどの説もあります。

奥嵯峨の「鳥居形」は、火の神で有名な愛宕山の登り口にあり、愛宕神社参道を示す

一の鳥居に由来していると伝えられています。

西加茂の「船形」は、精霊船ともいわれ、軸先は西方浄土を指しているそうです。
7_3_4.jpg


暑い京都の夏の終わりを告げる行事でもある、8月16日の大文字の送り火を

テレビでご覧になる方も多いことでしょう。

また、玄関先で送り火を焚けない方も多いかと思います。

その時は、送り火の意味を思い出し、手を合わせご先祖様を送り出して下さいね。

また、京都で大文字をご覧になる方は、お酒をついだ杯や、

水を入れた盆に大文字の大の字を映して飲むと、

無病息災のご利益があると言われています。チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ライフクリエイター : 土田 彩華
7月となり、京都では祇園祭りが始まりました。

祇園祭りは鉾巡行がとても有名で、巡行が終わるとお祭りも終わりと思われていますが、

実は7月末まで、一ヶ月間に及ぶお祭りなのです。ご存知でしたでしょうか?
gionnte-buru


祇園祭りで行われる、有名な山鉾巡行は実はメインイベントではありません。

本来、八坂神社の祭礼は、神輿の渡御がメインイベントであり、山鉾巡行ではないのです。

山鉾は町衆の雅な伝統文化であり、

だからこそ、あそこまで絢爛豪華となる事が出来たのです。

重要文化財級の装飾品の数々は、町衆の美意識・経済力の凄さを物語っています。
hokofune


kankoboko
さて、もともと山鉾巡行は、神輿の渡御に先駆けて、道程を清め祓うための巡行でした。

17日の鉾巡行が終わり、いよいよ夕方5時から八坂神社のご神体を乗せた三基の神輿が、

南楼門を出発し、それぞれの氏子の区内を回ります。

そして四条寺町の御旅所に到着し、一週間鎮座されるのです。

24日の還幸祭には、花傘巡行が行われ、再びご神体は神輿に乗られ氏子区域を巡行されます。

一旦、三条御供社に集まられ祭事が行われます。

その後、八坂神社へお帰りになられるのです。

7月29日には、祭りの終了を報告する神事済奉告祭が行われ、

31日に行われる、疫神社夏越祭をもち、祇園祭りのすべての行事が終わります。



京都は6月に入ると各町屋で、前回ご紹介しましたように大掃除をし、

建具の入れ替えが行われます。

畳の上のには、籐筵(とうむしろ)が敷かれ、足の裏がひんやりとしとても気持ちが良いです。

襖や障子は葦戸となり、透けて見える水うちされた坪庭の美しいこと。

葦の隙間を抜ける日差しや、風に、心洗われるようです。

私は、この頃の京都がとても好きです。

7月に入ると、何とも優雅で涼しげな祇園ばやしが聞こえてきます。

各町屋では、美しく飾られたお座敷が道側の格子から見えることもあり、

その空間と装飾品の、凛とした気品あるしつらいはとても美しく、日本人である事が誇らしく思えます。

山鉾巡行前の装飾品を鑑賞しながら、町屋をめぐるのも、とてもおすすめです。
matiya
tanakaya


雅であり、格式と伝統ある祇園祭りには、ご紹介したいことがたくさんあり一度には

書ききれません。


まだ、祇園祭をご覧になられていない方、

観光局のまわし者の様ですが、本当に素敵ですので、ぜひ京都へお越しいただき、

実際に体感してみて下さい。
hatobue

ライフクリエイター : 土田 彩華
今年は6月21日が夏至でした。

一年で最も昼の時間が長い日ですね。

皆さんも最近の日の長さを実感されていると思います。

さて、この時期に京都では竹伐会(たけきりえ)式という行事が行われます。

テレビなどでご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが、

簡単に言うと、青竹を切り落とすことで、厄払いをする行事です。

平安時代の初期、峰延上人が、当時人々を苦しめていた二匹の大蛇のつがいを

大威徳、毘沙門天の呪文により調伏したという故事より、

竹を大蛇に見立てて行われるようになりました。

江戸中期になると、東西に分かれて竹を切り落とす速さを競うようになり、

その勝負で、東側の近江座、西側の阿波座の両地の農作を占う行事へと変化しました。

日本の各地に伝わる勝負事の祭りには、このようにその地域の農耕吉凶を占う年占い的な要素や

予祝的な行事が多くみられます。

竹伐会式では、舞雅楽の奉納の後、竹の両端を切り落とすならわしを行い、

法衣姿に弁慶かぶりをした法師が、両座に2人1組となり分かれます。

そして檜扇の合図で、勢いよく山刀を振り下ろし、一節づつ三段に切り落とすのを競争し、

先に切り落とせた方が勝ちとなります。

切り落とした後の竹は、参拝者のお守りとなります。
take


次に行われる有名な行事は、6月30日の夏越えの祓えです。

神社で茅の輪くぐりをしたり、「水無月」というお菓子をいただいたりします。

茅の輪くぐりや、「水無月」をいただくのは、暑気祓いや厄祓いの意味からです。

この「水無月」は、氷室の氷をまねています。氷室とは、冬場にできた天然の氷を溶けないように

保管する場所です。

そこに保管されていた氷を夏を無事に乗り切るためにいただくのですが、

昔は権力者のみが食することができた貴重な物でした。

もちろん庶民にとっては夏の氷などは高価で食べられるものではありません。

そこで、宮中の貴族にならって氷をかたどった菓子が作られました。

三角の形は氷室の氷片を表し、ういろの上に小豆をのせ固めています。

小豆も一緒にいただくのは、魔を祓う力があるとされているからです。
minazuki


こちらの写真は、京都「末富」の水無月の菓子で、葛と小豆で作られていました。


そして、7月いよいよ祇園祭の始まりです。日本三大祭の1つですね。

コンチキチンの涼やかな祇園ばやしを聞くと、いよいよ夏本番という気持ちになります。

次回は祇園祭りをご紹介したいと思います。

ライフクリエイター : 土田 彩華
10月は出雲の国(島根県)「出雲大社」へ日本国中の八百万の神様が出かけられます。

そのため出雲の国では「神在月(かみありづき)」と呼び、その他の地域では「神無月」と呼びます。

では、なぜ神々は出雲の国へ集まるのでしょうか?

新たな一年の事を話し合うため、また男女の縁結びの相談に集まると言われています。

神々の話し合いは11日から17日まで続くそうです。

そして、17日には大社からお立ちになる日、26日は出雲の国を去られる日とし

神々をお見送りする「神等去出祭」が出雲大社では2回行われています。


さて神無月になると、冷気も一段と増し、秋本番となってきます。

空気も澄みわたり、夜空のお月さまが一段と美しく輝く頃ですね。
tuki


古来より、強く温かい太陽とは別に、人々は月に神秘の力を感じ、月神信仰も行ってきました。

月の満ち欠けに、よみがえりと不死を重ね合わせる信仰や、農業の指針とする信仰です。

また月の光によみがえりの力を見てきたからでしょうか、光を浴びると身も心も浄化再生されるという

「月光浴」という言葉も生まれました。

月光を浴びることにより体の気の流れが良くなり、女性の方はより美しくなるそうですよ。試さなきゃですね。
tukimidanngotote-buru

美しい月が出ていましたので、サイドテーブルを縁先に出してみました。

ガラスの天板を水面に見立て、お月さまが映り込むのを待ちます。

秋の夜長の月光浴。

美味しいお茶と共に美しい月を見上げ、清々しい空気を感じながら

ゆったりとした時を過ごしました。

皆さんもいかがですか?

ライフクリエイター : 土田 彩華
8月の「まつり」と言えば「お盆」ですね。
お正月とお盆は半年に一度めぐってくる年中行事の「先祖まつり」です。
旧暦の7月13~15日(16日)にかけて、ご先祖さまの霊を家に迎え、供物を供え、ご供養します。
どの家にもご先祖さまはいらっしゃいます。皆さんはどのようなご準備をされるのでしょうか。

08_1_1.jpg


さて、「生御魂(イキミタマ)」という言葉をご存じでしょうか。
盆会の場合は、霊界と現世をつなぐ存在とし、長老が「生御魂」とし敬われる風習があります。
最上位が神様・仏様、中間にご先祖さま。次に現世の私たち、霊界と現世の人間との間の橋渡し的存在が生御魂です。 
祖霊をお迎えし祀ると同時に、生御魂に敬意を示し祝福する習俗が日本各地に残っています。

08_1_3.jpg


地域により違いがありますが、中国・四国地方では魚を、関東地方では麺を送る風習もあったそうです。
このような生御魂への贈り物はとても古くからあり、仏教の盂蘭盆へと複合し御仏壇への供え物となったり、社縁的な習慣のお中元とし今も伝わっています。
皆様には高齢のご両親・祖父母の方がいらっしゃいますか? お盆にはご先祖さまと一緒に、ぜひ敬意を表し感謝と長寿を祝うおもてなしもして下さいね。

ライフクリエイター : 土田 彩華


▲2011年8月12日|日本の歳時記 Vol.1 「お盆」

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。